サクソバンク証券


両建てのポジションを決済できません

両建て状態では、証拠金は法人、個人ともにマックス方式で計算されます。

・マックス方式・・・対当する建玉のいずれか少なくない取引額を基準として算出した取引証 拠金を全体の取引証拠金とします。 

両建て状態、つまり売りと買いの両方に関連注文が設定されているとき、決済しようとしても証拠金不足になり決済できない場合があります。 その際は以下のような方法でも決済が可能です。下記例は売り買い両方に関連注文が入っている状態という設定になっております。
実際は売り買いどちらか一方に関連注文を入れても両建て状態になります。

【買いポジションを決済したい場合】 
1. 買いポジションに入っている関連注文を削除します。 
2. 新規で売り注文を発注します。 
3. ロールオーバー後に、決済したかった買いポジションと新規で建てた売りポジションが相殺され、決済されます。

【売りポジションを決済したい場合】 
1. 売りポジションに入っている関連注文を削除します。 
2. 新規で買い注文を発注します。 
3. ロールオーバー後に、決済したかった売りポジションと新規で建てた買いポジションが相殺され、決済されます。 
※上記の通り買いまたは売りのポジションから関連注文を削除すると、既に保有している関連注文が入っていない反対ポジションと相殺され決済される場合がありますので、ご注意ください。 
相殺の順番については同FAQの「質問)先入先出法(ファースト・イン・ファーストアウト)」をご参照ください。

※ちなみに、売り買いどちらにも関連注文が入っていて、そのどちらのポジションも決済したい場合は、関連注文を全て外してしまえばロールオーバー後に先入先出法で相殺対象が相殺されて決済されます。